2006年07月31日

○○は何度でも復活する!

またしてもご無沙汰のマー坊です。
しばらく「登録抹消」されていたのですが、今日、めでたく一軍に「復活」しました(笑)

さて、久しぶりすぎて書きたいことはいろいろあるのですが、この週末のバファローズとの対戦、惜しくも三連勝とはいきませんでしたが、たいへん印象深い三連戦だったので、これに少しふれようと思います。

まず金曜日の初戦は、ジョニーこと黒木知宏投手が、選手生活12年目にしてプロ初セーブをあげました。

johny_01.jpg


黒木投手と言えば、ここ数年右肩の故障に苦しんでおり、「完全復活」が待たれているマリーンズの“元エース”です。
(写真は去年の8月28日、一軍戦で452日ぶり、しかもマリスタでとなると1,545日ぶりの白星をあげた「復活登板」のときのものです。)

そして第2戦は、決勝タイムリーを放ち盗塁も2つ決めた代田建紀(だいたたけのり)選手が、プロ入り初のヒーローインタビューを受けた試合でした。
代田選手は、近鉄、ヤクルトを経て2003年にロッテに入団、その年のシーズン最終戦で左ひざを故障し、直後に解雇されたものの、一年間の浪人生活を送った後にロッテに「復帰」したという、たいへんな苦労人です。
ロッテに復帰したのは、2005年のシーズン前の合同トライアウトで、その年に就任したバレンタイン監督の目にとまったため、という経緯もあり、そうしたことを思い出したのでしょう、ヒーローインタビューの最中に男泣きするシーンも見られました。
(このシーンには、私も思わずグッときました...。)

さあ、今シーズンも早いもので残り約3分の1となりました。
あとはマリーンズが1位に「復帰」するのを待つのみです。
現在4位のマリーンズ、首位までは7ゲーム差、3位までも4ゲーム差ついていますが、まだまだあきらめるような差ではありません!

確かに、打線の中軸の福浦、ベニーの両選手をケガで欠いているのは痛いですが(2人とも復帰は8月下旬くらいになりそうだとのことです...)、上位の3チームも決め手はありませんし、野球は本当に何が起こるかわからないスポーツです。

今まで自分の声援がちょっと足りていなかったかもしれないので、8月はマリスタでの試合もたくさんありますし、できる限り球場に足を運んで応援をしようと思います。
ぜひ読者の皆さんも今まで以上に力を込めて、心を込めて、いっしょにマリーンズに声援を送りましょう!
おもしろかったらぜひぜひクリック!
人気blogランキング
posted by マー坊 at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マー坊・小春の野球談義
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。