2005年08月07日

「はじめてのM」〜2.チケットの購入法や注意点〔後編〕

ちょっと間があいてしまいましたが、前回の続きです。

が、まずはちょっと補足から。
1階席と2階席の違いですが、1階席はファールボールが飛んでくることがよくありますが、2階席にはあまり飛んできません。
ちなみにファールボールはキャッチすればもらえます
あと、選手がボールを投げ入れてくれることもあるんですよ。

それとの違いもあります。
1階席は場所によってはほとんど風があたらず、夏はかなり蒸し暑いです。
一方2階席は、風がよくあたります。
今の時季は風が吹いてくれたほうがありがたいですが、春や秋はこの風は要注意です。
ナイターの場合はもちろん、日中暖かかったとしても、陽が陰ったとたん冷えてくるということがあるからです。

また、陽射しが当たるかどうかも、当たり前ですが場所によって違います。
今の時季はほとんどがナイターで行われますが、試合開始前の夕刻は、三塁側の1階席は西日がまともにあたるので、対策が必要です。

さて、話を前回の続きに戻します。

2階の自由席の「どのあたりに座るのがいいのか」のガイドです。

2階の自由席は座席数が多く、どこに座るかは(すいていれば)よりどりみどりです。
いろいろ試してお気に入りの席を見つけていただければと思いますが、広すぎて迷っちゃうというあなたのために、何点かポイントをあげます。

・一塁側か三塁側か、それともバックネット裏か

前回ご案内したとおり、マリーンズのファンが陣取るのは基本的に一塁側です。
よって、一塁側を目指すのが無難ですが、逆に言えば一塁側の方が混雑するということでもあります。
ゆったりと誰にも邪魔されず観戦したい(!)という方は、三塁側に行ってはどうでしょうか。
ちなみに、ファンが増えたためか、三塁側にもマリーンズファンが進出するようになっています。
そして一塁側、三塁側とも、あまり外野に近い方に行き過ぎると、グラウンドに死角ができてしまうので注意してください。

また、バックネット裏(バッターボックスの真後ろ、ピッチャーが正面に見えるあたり)にも自由席はあります。
ここはグランドの全景が見渡せるいいポジションなのですが、バックネットが邪魔になって選手やボールが見づらい場合もあります。
この感覚は人それぞれだと思うので、一度試してみてください(としか言いようがないかなと...)。

・前(下)の方か、後ろ(上)の方か

前(下)の方の席は、グラウンドとの距離が近い分だけ見やすくはなります。
よって、例えば同じ一塁側でも、前の方の席から埋まる傾向があります。
しかし、あまり前に行き過ぎると、バックネットではありませんがやはりネットがあって、そのせいで見づらく感じられるかもしれません。
ただし、試合途中で打ち上げられる花火を見るには、断然前の方の席がいいでしょう。
それから通路の位置の関係から、ビール等の売り子さんから買い物をしづらいという難点(?)もあります。

一方、後ろ(上)の方の席は、比較的すいているということ、それからなんと言っても、ひさしに覆われているので雨が降ってもぬれずに観戦できるということが特徴です。
通路を歩く売り子さんの姿もよく見えるので、お気に入りの銘柄のビールを逃さず買いたいという方にもおすすめです。
ちなみにマー坊指定の「サッポロ黒ラベル」は、売り子さんの数が非常に少ないので要注意です!

しかし、やはりグラウンドとの距離が遠くなるという問題や、なんと言っても、場所によっては花火がひさしの影に隠れて見えないことがある!という大きな欠点もあります。
あと、上の方に行き過ぎると階段の昇り降りがしんどくなること(!)、それから、イニングの合間にトイレや買い物に行こうとしたとき、出遅れて行列に並ぶはめになることもある、といったことも頭に入れておくとよいでしょう。
気をつけないと、次の回の攻撃開始までに戻って来られず、試合の決定的な瞬間を見逃すことにもなりかねません!

・その他、細かい話ですが...
座席はだいたい、通路と通路に挟まれたブロックに10数席が並んでいます。
すいているからといってブロックの中のほうに座ると、両脇にどんどん人が座ってきて、買い物やトイレに行くのにちょっと苦労する、ということもあります。
逆にブロックの端っこに座ると、中に座った人がトイレに行くときに前を通してあげなければならなくなります。

かなり細かいことというか、余計なお世話レベルのガイドになってしまいましたね...。


A服装や持ち物(あると良いもの)

続いて、服装や持ち物に関するガイドです。
座席の案内をしたあとに「服装や持ち物」というのは、ちょっと順番がおかしいですが、初めての方にはやはり必要な案内だと思いますので、思いつくままに紹介します。

・服装
服装については、今の時季(夏)は何も気にせず、涼しげな格好で出かければよいでしょう。
ただし後述するように、陽射しが気になるという方は対策を忘れずに。
また「風対策」も重要です。
マリスタは海岸に近いので風が吹き続けていることが多く、気温より涼しく感じることもあります。
これも人によって風の感じ方は違うでしょうが、風に敏感な方は気をつけてください。
また、ナイター(夜の試合)では、日中と体感的な気温差がかなり大きい場合もあるので、邪魔だと思っても上に羽織るものを一枚持っていると安心だと思います。

・日焼け(陽射し)対策
これは席の場所にもよるのですが、デーゲーム(昼間の試合)の場合は、サングラスや帽子、日焼け止めは必須かもしれません。
特に自由席の場合、一度座ってしまうとなかなか席を移動しづらいので、陽射しから逃げようにも逃げられない場合もありますので。
なお、前述のように、夕刻の三塁側の1階席は西日がまともにあたるので、ナイターの試合でも注意してください。

続いて、あるとよい持ち物をあげます。

・座布団(クッション)
イスは固く、長時間座っていると結構しんどいです...。

・双眼鏡
やはり、選手の顔や背番号などを確認するためにも、あると便利だと思います。

・グローブ
ファールボールをキャッチしたいという方は必携。
プロ野球のボールは「硬球」といってかなり硬いので、素手で捕ろうなどとしたら、思わぬケガをしてしまうことも!

といったところでしょうか。

もう少し、分類は難しいけれど初めて観戦に行く方にはぜひお伝えすべき、でも意外とどこにも書いていないような「観戦のコツ」をいくつか思いついたので、列記します。

・プロ野球の試合は、だいたい1試合3時間くらいかかります。帰りの電車の時間や、駐車場の閉場時間にご注意ください。(メッセの大駐車場は確か23時閉場だったかと。)

・売り子さんが座席まで売りに来る商品は、生ビール、チューハイ、ウヰスキー、おつまみ、ジュース・コーラ・ウーロン茶、アイスクリーム、ホットドッグ、ジェット風船くらいです。お腹にたまる食べ物は、球場前あるいは中の売店で調達するか、あるいは持ち込むことになります。なお、ビン・缶類は、危険防止のため持ち込み禁止になっています。

・めったにありませんが、お客さんが多いときは、弁当の類が売り切れることがあります。(遅い時間になると。)また売店は、タイミングが悪いと10分くらいの行列ができることもあります。


今回はこんなところで。
文字オンリーでどうも失礼しました。

次回ですが、「アクセスの“裏情報”」をお届けする予定です。

おもしろかったらぜひぜひクリック!
人気blogランキング
この記事へのコメント
小春です。

たしかに、今の季節は最高ですね。でも、6月ぐらいまではパーカーみたいなものがないと辛かったです。とにかく、風が強くて寒い!

そんな季節には、売店で暖かいお茶を買って飲みました。紙コップにティーパックが入ってるだけですが、売店が開いている間なら、お湯を足しに行けるので、間をおいても温かい飲み物が飲めます。冷え性の女性にはうれしいドリンクですよね!
Posted by 小春 at 2005年08月08日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5705166
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。