2005年09月25日

マリーンズNow[第15回・050925]

シーズンも残すところあとわすが3試合となりました。
昨日の時点で我がマリーンズは単独1位の可能性がなくなりましたが、同率1位の座をかけて、またホークスとのゲーム差を5以上離されないよう、必死の戦いが続きます。

マリーンズの選手もマリサポのみなさんも、もうひと踏ん張り!
ということで、最近やや発行が遅れ気味でしたが、少し早めに第15回目の「マリーンズNow」をお届けします。
どうぞご覧ください。

○現在のマリーンズ

まずは昨日(9月24日)現在のマリーンズの成績です。

 133試合 83勝48敗2引分 勝率0.634〔2位〕

貯金35は本当にすごい数字なのですが、上には上がいて、首位ホークスの貯金は41。
2位のマリーンズは3ゲーム差をつけられています。

残り試合数はマリーンズもホークスも3試合。
この3試合をマリーンズが全勝、ホークスが全敗した場合のみ、最終的に両チームの勝率がまったく同じとなり、2チームが「同率1位」ということになります。
それ以外の場合、例えばホークスが1試合でも勝つか引き分けた場合、またはマリーンズが1試合でも負けるか引き分けた場合は、その瞬間にホークスの単独1位が決まります。
もう両チームの直接対決はないので、マリーンズが自力で同率1位にのし上がることはできません。
とにかく目の前の相手を倒すことだけに集中して、残り試合を全力で戦ってほしいものです。


○先週の振り返り

19日から行われた首位ホークスとの直接対決4連戦と、昨日までのイーグルス戦2試合を振り返ります。

多くの方はご存知だと思いますが、ホークス戦は惜しくも4連勝は逃したものの、3勝1敗と見事に勝ち越しました。(しかも3試合はすべて逆転勝ち!)
あわよくば4連勝、そしてゲーム差を1に!という期待も持たせましたが、そこは首位のホークス、4試合目は簡単には勝たせてくれませんでした。
敗戦の翌日のイーグルス戦ですが、昼間の試合でホークスが勝ったことを知らされた上でのプレッシャーのかかる試合でしたが、見事に勝利。
そして再び連勝街道を、といきたかったのですが、昨日の試合は痛い黒星を喫してしまいました...。

個々の試合を振り返ると、すべて見ごたえのある試合だったのでとても簡潔にまとめることができそうにありません。
特に19日と22日はマリスタに行ったので、後日、観戦記で報告しようと思います。
(22日は試合でなく、初芝選手の引退セレモニーという、涙なしでは語れないイベントの報告をします。)

まあ、今は振り返りより今後のことが大事。
というわけでことで、次のコーナーへいきましょう。


○今週の見どころ

見どころというか、見通しになるでしょうか。
残り3試合を占ってみたいと思います。

スケジュールですが、今日25日は敵地・フルキャストスタジアム宮城で最下位のイーグルス戦。
27、28日はこれまた敵地・札幌ドームで、プレーオフ進出の可能性がなくなったファイターズと2連戦が予定されています。

対戦相手を見て「これなら全勝もいけるでしょう!」と思った方もいるかもしれませんが、残念ながらそう簡単にはいかないと思います。
昨日もイーグルスに足元をすくわれましたが、いくら5位と6位のチームとは言え、相手は同じプロ。
しかも下位が確定して、失うものは何もないという状況で戦ってきますから、まったく侮れません。
特に25日はフルキャストスタジアムでの最終戦で、相手はエースの岩隈選手。
28日も札幌での最終戦になるので、チャンスを与えられるであろうファイターズの若手選手も、ここぞとばかりにアピールしてくるでしょう。
マリーンズも決して受けて立つのではなく、挑戦者の気持ちで戦ってほしいです。
ピッチャーは全試合で総動員になるでしょうから、今年のマリーンズの快進撃を支えた強力投手陣の実力を、最後の最後でぜひ見せつけてくれるでしょう!

さて、再び数字の絡む話をします。
冒頭で「同率1位」のことにふれました。
同率1位になれば第一ステージは行われず(戦わずに済み)、いきなり第二ステージでホークスと戦い、先に3勝すれば日本シリーズへの切符をつかむことができます。
2位になってしまうと、ます第一ステージで3位のライオンズを倒し、さらにホークスも倒さないと日本シリーズへ進めないという、たいへん長い道のりになります。

ところで、ここで一つ気になることが発覚してしまいました。
同率1位になった場合ですが、規定により第二ステージの試合はすべて福岡ドームで行われるそうです。
これはどういうことかというと...。
そうです、なんと「マリスタでプレーオフの試合は行われない」ということなのです!
(前述のように、第一ステージは行われないから。)

えっ!なんでよ、なんでなのよ!!
こういうこと(リンクを参照)らしいですが...。
うーん、読んでもわかりにくいところはありますが、前年度の順位が関係するなんてわけわかんないぞ。

いやもちろん、同率1位の方がいいに決まっているのですが、マリスタでプレーオフが見たいよー!
(ちなみに2チームが同率1位になった場合、3位のライオンズはプレーオフに出られないということにもなるんですね。)
なので、5ゲーム以上離されずに2位になるのがベストか?
いやいや、同率1位になってもホークスを倒せば日本シリーズをマリスタで見られるので、それまで我慢!
ということでしょうか。

とりあえず、今日の試合の結果を待ちましょう。
地元・宮城出身の小坂選手と井上選手、先発の「完全試合男」加藤投手に期待です!

おもしろかったらぜひぜひクリック!
人気blogランキング
posted by マー坊 at 13:09 | Comment(1) | TrackBack(2) | マリーンズNow
この記事へのコメント
今日は何とか引き分けに持ち込みましたね。最後の小林雅は相変わらずヒヤヒヤものでしたが・・・
プレイオフ、日本シリーズが心配です。
でもこれでプレイオフ・アドバンテージなしが確定しましたね。
ちょっとホッとしました。

さて明日の注目は先発の渡辺俊介です。
防御率トップが掛かっているのです。
現在トップの杉内が2.105。
明日は無理に杉内は投げないでしょうから、俊介が上回るには7回1/3以上を無失点で抑えれば防御率トップに躍り出ます。
俊介は日ハム戦にとても相性が良く、今季は3勝負けなし。防御率1.48と好相性です。
完封も期待できます。
最終戦を俊介の完封勝利で飾ってもらいましょう。

今江の首位打者は厳しくなりましたね。
現在、トップの和田はもう打席に立たないでしょうから、今江が上回るには、
6打数6安打。
これはいくらなんでもきついですね。


Posted by ふみ at 2005年09月27日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7295925

Voice26にでも送ってみないか?
Excerpt:  昨日福岡のチケットを取り損ねたので 、せめてマリンでパブリックビューイング(以下PV)とかやらないのかなぁと思って、マリーンズのインフォメーションに問い合わせてみた。 オイラ  「あのー..
Weblog: まー君と一緒♪
Tracked: 2005-09-26 19:10

【推薦ブログ】・・・いよいよパ・リーグはプレーオフ開幕!!セ・リーグは優勝チーム決定寸前!!あなたが応援するのはどのチーム?プロ野球チーム応援ブログ特集
Excerpt: 今回のテーマは・・・いよいよパ・リーグはプレーオフ開幕!!セ・リーグは優勝チーム...
Weblog: Bubblicious
Tracked: 2005-09-29 19:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。